So-net無料ブログ作成

<泉南石綿訴訟>原告側も大阪高裁に控訴 国の控訴受け (毎日新聞)

 大阪・泉南地域のアスベスト(石綿)工場の元労働者ら原告29人が国を相手取り損害賠償を求めた集団訴訟で、原告側は2日午前、国の控訴(1日)を受けて、全員で大阪高裁に控訴した。1審・大阪地裁判決は原告側勝訴だったが、3原告に賠償が認められず、控訴審では全員救済を訴える。双方控訴で訴訟が継続することが決まった。

 1審・大阪地裁判決(5月19日)は、旧じん肺法施行(1960年)以降の被害について国の不作為責任を認め、原告29人中26人に対し、石綿被害者1人当たり687万5000〜2750万円、計約4億3500万円の賠償を命じた。2日は控訴期限だった。

 原告側弁護団によると、1審の結審後に死亡した男性原告について、妻ら遺族3人が訴訟を承継したため原告数は31人になった。【日野行介】

【関連ニュース】
石綿訴訟:国が控訴…厚労相「論点明確にするため」
大阪石綿訴訟:国側が控訴へ 仙谷担当相が言及
日弁連:「公害訴訟事例集」作成 日中で今夏同時出版へ
大阪泉南石綿訴訟:国は控訴断念を 原告団側が訴え
石綿被害:国に責任 26人への賠償命令 大阪地裁

「安平、ご苦労さま」育てた永野さん手合わせる(読売新聞)
<連帯保証人>説明義務規定を検討 法制審(毎日新聞)
野口さん帰還 宇宙滞在163日(産経新聞)
「新生ファイザーで多角化を一段と強化」(医療介護CBニュース)
パロマ事故で元社長らの有罪確定へ(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。